看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。さらに学費に関していえば大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。ここ数年は看護師不足の傾向にあると考えられています。看護師の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。職場の大半を女性が占めており、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。看護師に階級があるのをご存知ですか?高い階級から言うと、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。実際に階級を上げるためには、勤務年数を長くして、一目置かれ、認められるような存在になることが必要だと言えます。階級が高くなるほどに高収入になる事は間違いないでしょう。働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは不規則な勤務形態ではないでしょうか。せっかくのお休みにも簡単に友人と会えなかったり、予定を合わせる事が困難になるというケースが多いようです。他にも、看護師が不足している職場においては、休みが取れないということも珍しくありません。きちんとした休みを望むのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。近年、日本においてはインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。とは言え、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても大変だというのが現状です。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師不足あるいは看護師不足が叫ばれています。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどがものすごい激務に追われているのです。男性看護師の割合も増加しているのですが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも深刻な現状を表しているといえます。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、やっぱり、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師というものはストライキをすることも難しく、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが大事なことだと思います。皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入に差が出てしまいます。こういった事を考えても、一般的な看護師の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。本来、職業としての看護師が専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から希望者が多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばさらに安定した職業になると言えます。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのはなによりも嬉しいメリットですよね。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。いわゆる課長職でも、その年収は企業によって違うように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、750万円位だとみられます。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておく事を忘れてはいけません。女性の看護師の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象もガラッと変わると思います。看護師の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。その原因として代表的なものは、看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、職を辞する人も多いのです。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進します。婦長といえばその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。いまは、学生やパートの看護師が珍しくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば役職的には上の立場になるわけです。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで育児との両立を目指す看護師にとって不安材料となります。ある程度の年齢までなら費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。そういう理由でパートとして働くことにシフトするという看護師もかなりの割合で存在しています。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで大変な仕事を抱える看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、きちんと申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。伝言程度で終わるケースも少なくないですが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りはしっかりと申し送りする必要があります。正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須になります。それが試験の受験資格でもあります。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、専門学校に入学するための予備校に通う人も増えています。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。初めて看護師の就職先を探してみても上手くいかないという人は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。一般的に、求人には表面上年齢について書いていない場合も、病院が裏で採用の年齢を設定しているケースがあるのです。中でも30代から看護師を始めた、という方の場合は厳しいケースが多いです。看護師の職業は、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。しかしながら、実際の看護師の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。しかし、もしも新しい出会いがあっても休日が合わないために破局をむかえることが多いと言われています。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。そうはいっても、近頃では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。知人が看護師として働いていたのですが、病気のためにしばらく看護師を辞めていました。しかし、完治させた後は、復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。ブランクがあっても、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。病気になって気落ちしていると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も珍しくないのです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、家の都合によって会社勤めをしていました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、実際に看護助手の立場で働きながら資格も取れるそうなのです。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間はシフト勤務は避けて通れないと思います。実際に、私の妻もまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。かつての看護師はほとんどが女性の職業でした。ですが、近年は一般的に「看護師」という名称が使われているように男性の看護師も多いです。看護師に相応しい性格や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。普通、注射や採血は看護師が行うものです。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、痛みが少ないように注射してもらいたいですよね。とは言うものの、看護師の技術によっては痛みなく処置してくれる看護師もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。対する専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということとカリキュラムとして実習がメインであるので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。気になる看護師資格の難易度ですが、どれほどの難しさなのでしょうか。受験生全体の看護師国家試験合格率は90%前後となっています。内容もそれまでの学校生活で勉強しておけばそんなに難しい試験ではありませんので、特別に取得が難関な資格という訳でもないようです。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、給料で見れば安定的に待遇が良いのが分かっています。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。高給が約束された安定した業種としては看護師を選ばない理由はないでしょう。多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を配っておきましょう。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。また、病院によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。