金を所有しておけば相場によっては高価買取できるよね

金を高く売るときは相場が高くなった時。そんな時に買取業者に買い取ってもらおう!
ホームボタン

リーマンショック以降、不要になった

リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。



パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかを即答できる人は少ないかもしれません。ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。
昔は特にそうでした。


要因としては、元々の埋蔵量の少なさが多分に影響しているのです。
人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、価値の根底にあるわけです。中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、青少年保護の観点から、法律や条例によって、単独で買取サービスを利用することができません。加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書がなければ買取してもらえません。金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。



金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。
押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。


店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。
詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、はっきり断って追い帰すようにしてください。

初めての金買取。


一番肝心なお店選びの段階で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。初めての方が注目するべきは、口コミやレビューなどでの評価です。多くの人が良かったと言っているお店は、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていることを示しており、参考になります。未だ記憶に新しいリーマンショック。
それからここ数年で、少しずつとはいえ、市場における金の買取価格が上がりつつあります。加えて、ここ最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出し制限も発動されました。リーマンショックに続き、この経済破綻も買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。
3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、買取額に消費税分がプラスされます。つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるということになります。
他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。



なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも選択肢の一つです。お手持ちの金製品を買取に出す際、留意すべき点は、買取価格の相場を把握することに尽きます。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を欠かさずチェックして、最も得する時を狙って売却するのです。店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるのが原則です。相場変動を逆手にとって、高値で売れるようになれば一人前です。
金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。



買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。



こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。
こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。



特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。



金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。

買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店舗も見られます。ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。
また、なるべく高値での買取を狙うなら、念入りに業者を探さなければなりません。
店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用が引かれないところも多いですから、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。最近、金の価値が上がっています。
金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を確認してみましょう。それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金というのが一定の目安になります。金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。
金買取を行っている業者のほうは、動いているお金が個人とは段違いですので、事業所得として金額を申告し、多額の税金を納めていることと思います。
それに対して、個人の取引額は微々たるものです。

そうは言っても、法律が変わることもあるので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくというのも一つの手だと思います。

最近問題になっている事件についてお伝えします。



自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増えているようで、法規制も行われています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、なかなか首を縦に振らない人には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。
後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


お年玉でお姉ちゃんを買ってみた
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 金を所有しておけば相場によっては高価買取できるよね All Rights Reserved.